「コンフォートゾーン」「ラーニングゾーン」「パニックゾーン」を知って成長しよう

「コンフォートゾーン」「ラーニングゾーン」「パニックゾーン」とは?

人が成長するためのキーワードの一つに、「コンフォートゾーン」「ラーニングゾーン」「パニックゾーン」という3つのゾーンの概念があります。
これは元GEリーダーシップセンターのディレクターであり、ミシガン大学ビジネススクールの教授でもある、ノエル・ティシーによって提唱された、人材育成・能力開発に関するコンセプトです。

「コンフォートゾーン」「ラーニングゾーン」「パニックゾーン」 という3つのゾーンは、中心から順に3重の円で表現されます。
円の中心「コンフォートゾーン」から、「ラーニングゾーン」→「パニックゾーン」という具合に、外へいけばいくほどチャレンジングな環境や困難な仕事を与えられる環境になるのです。

自分を成長させるにはコンフォートゾーンから抜け出すこと

コンフォートゾーンとは、例えば仕事を長く続けていると、自分なりのスタイルやというものが築かれ、仕事にも慣れてスムーズにこなせるようになります。
さらに考え方や気の合う仲間にも恵まれると、とても居心地が良いものですよね。これがまさに「コンフォートゾーン=居心地の良い環境」なのです。

ただ、いつまでもこの居心地の良い環境に身を置いていては、人の成長というものは望めないでしょう。この観点からも、コンフォートゾーンは学びの少ないゾーンといえます。

ラーニングゾーンとは、コンフォートゾーンの外側にあります。
新しい仕事、チャレンジングな仕事、目標設定が高い仕事に従事している環境、つまり今までの自分のスタイルやスキルが通用しない、学びが必要な領域です。
このため“コンフォートゾーンを抜け出しラーニングゾーンに入ることは辛いもの”とする考え方が主流でが、自分の身をラーニングゾーン に置き続けることにより、確実な自己成長がで望めるのです。

パニックゾーンとは、ラーニングゾーンのさらに外側にあります。
ここでは今までのスキルが通用しないどころか、もはや何が起こっているのか理解できないような環境です。
自分ではどうすることもできない精神的な負荷の大きい環境に身をおくことになり、学びは生まれることは無いでしょう。それどころか精神のバランスを崩しかねない恐れがあります。

楽で快適な空間からは学ぶことが少ない

自己成長のためには、このコンフォートゾーンを抜け出して、その一歩外にあるラーニングゾーンへ入ることが必要です。
コンフォートゾーンにいると、仕事は楽に進むでしょうが、自己成長を望むならここでは厳しいでしょう。

適度にわからないこと、適度に新しい事を学ぶことが、成長に繋がるのです。つまりラーニングゾーンに身を置くことで、この「適度感」が感じられることが重要なのです。
これがコンフォートゾーンとラーニングゾーンの基本的な概念であるといえます。

強引にラーニングゾーンに行くことは逆効果

ラーニングゾーンの使い方や運用の仕方には注意が必要だと私は考えます。

3つのゾーンの概要はわかったとしても、それぞれをその時々に、正確に「これは◯◯ゾーンだ」と判断するのは困難だからです。
ストレスに耐性があったり上昇指向のある人、逆にそうでない人、様々なタイプの人がいるからです。
自分にとってはラーニングゾーンだと思っている環境が、第三者から見るとコンフォートゾーンであると思われることがあるかもしれません。

また、「辛い環境にあえて放り込んで学ばせる」という、幹部養成においての昔からあるような考え方をもってしても、誰もが効果があるとは思えません。
こうした環境やストレスに耐性のある人なら良いでしょう。しかし、ほとんどの人が、そうではないと思います。

ラーニングゾーンに放り込んだつもりが、その人にとってパニックゾーンになり、ひょっとすると成長するどころかマイナスになってしまうことも考えられます。
パニックゾーンに身を置いたとして成長できる人は、ほんの一握りだと考えられます。

たとえ急成長できたとしても、その人にとって実際は「パニックゾーン」ではなく、ぎりぎり「ラーニングゾーン」だっということなのでしょう。
「パニックゾーンなのか、ぎりぎりラーニングゾーンなのか」とうことは、本人とっては大きな違いです。実際、パニックゾーンにいたおかげで心も体も燃え尽きて、脱落してしまう人も多いのです。

そもそも自己成長を望まない、ラーニングゾーンを避けている人も多いと思います。
現状に甘んじるというタイプですね。このタイプの人を無理にラーニングゾーンへ入れてしまうのも、先に述べたように成長するどころかマイナスになってしまうこともあります。

このように、ラーニングゾーンの使い方や運用の仕方には、注意が必要です。
そして自分が今いる環境がどれに当てはまるのかを把握することが大事です。
自分がなりたい姿があるのに、それに対する努力が必要ない状態であれば、コンフォートゾーンにいることになります。
逆になりたい姿があるのに、そのために努力しきれないほどの仕事量があるとしたら、パニックゾーンにいるということかもしれません。

コンフォートゾーンを抜け出す方法は、身近なところにヒントがある

コンフォートゾーンを抜け出してラーニングゾーンに入る方法を模索していると、自己成長という観点でビジネスだけでなく、日常生活や子育てにも当てはまることに気づきます。

子供の学校や教育現場でも「コンフォートゾーン」「ラーニングゾーン」と言う言葉を見聞きすることがあるのではないでしょうか。

ここからは、子育てからヒントを得た「コンフォートゾーンを抜け出し“楽しく”ラーニングゾーンに入る方法」を考えていきたいと思います。

コンフォートゾーン、ラーニングゾーンの例、アナロジー

ビジネスのみに関わらず、生活の場面や子供にもコンフォートゾーン、ラーニングゾーンの概念は当てはまります。

  •  コンフォートゾーン:気心の知れた友達や隣近所、自分の家庭
  •  ラーニングゾーン:転居、転職、転校にともなう新たな出会いや環境の変化
  •  パニックゾーン:新たな変化や環境により以前より悪くなった事、例えば病気や怪我や失業

家族にとって家庭は気を使わず過ごせる、居心地の良い環境です。しかしずっと家から出ないわけにはいきませんよね。人は知らず知らずのうちに、日常の生活の中で少しづつラーニングゾーンを見つけ、その範囲を広げていくことで、社会に適応していくものです。

しかし子供にとってのラーニングゾーンは大人よりも様々であり、ラーニングゾーンに入るには気合いと根性がさらに必要になってくると思います。コンフォートゾーンから抜け出すのは辛くて不快なことでしょう。

小さなチャレンジの積み重ねで“楽しく”ラーニングゾーンに入る

ビジネスにおいては、辛い環境を良しとする人や、それを部下に奨める上司、といった存在があります。しかしストレスに耐性の無い人や、上昇志向の無い人からすると、そういった存在や辛い環境といったことは避けたいものです。子供ならなおさらでしょう。

子供をラーニングゾーンに入らせる場合、小さなことから少しづつチャレンジすることでコンフォートゾーンの輪を広げ、ラーニングゾーンへ入っていくという方法をおすすめしたいです。

例えば、自転車にチャレンジする場面でみてみましょう。
いきなりコマ無し自転車に挑戦する、チャレンジ精神旺盛な子供もいますが、ほとんどの子供はそうではありませんよね。
コマ付き自転車やペダルの無い自転車に乗って練習するなど、できるだけ易しくこなせるように設定したステップを少しずつクリアさせることで子供は「出来た!」を実感し、楽しんでこなせるようにんなります。

最初から高い目標設定をするよりも、容易にこなせるステップを少しずつこなせるようになることの何が良いかというと、「“楽しく”ラーニングゾーンに入れる」ということなのです。

これを繰り返し経験するこどで子供は「挑戦することが、できるようになることが楽しい!」と思えるようになり、本来なら辛い「コンフォートゾーンから抜け出してラーニングゾーンに入ること」が楽しいことに変わるのです。
挑戦して成長することが楽しい!と思えるようになったら、親が働きかけることが無くても、子供は自らコンフォートゾーンから抜け出してラーニングゾーンに入っていくようになります。
放っておいても自己成長していくという、理想的な状態です。

時にはパニックゾーンから守ることも必要

子供は「出来る!」を実感すると、放っておいてもどんどん挑戦します。しかし時にはそれが行きすぎて、マイナスになりかねないことがあります。

例えば、コマ無し自転車に乗れるようになり、楽しくなってついスピードをあげて曲がりきれず・止まりきれずで転んでしまったとします。転んでケガをすることもあるかもしれまん。

この時に「そんなことを言うな、諦めないで頑張ろう」という言い方をするのは逆効果です。
せっかく自転車に乗れるようになったのに、もう乗ること自体が怖い・イヤだ、となりかねません。子供にとって、この状態はもはやラーニングゾーンではなく、パニックゾーンなのです。

子供が小さいステップをクリアしたとき、親や監督者は「良く出来たね、今回はその辺で終わりにしようか」といったように、子供が楽しいと思っていられる適度なタイミングを見計らって止めさせることがポイントです。

多少無理をしても高い目標を与え、辛い環境に身をおくことで、短い時間で大きく成長することが望めるかもしれません。しかしリスクも大きいものです。
大きく成長することよりも、自分のペースで成長できる方法を身につけることが確実であり大事であり、この子育てにおけるラーニングゾーンの概念はビジネスに応用したとしても効果的です。

まとめ

コンフォートゾーンから抜け出してラーニングゾーンへ入ることで自己成長を望むことは、ビジネスでも子育てでも日常生活でも、それぞれの経験がお互いに相乗効果を生むものであると思います。
昨日まで出来なかったことが出来るようになる、少しずつ段階をこなして成長するということは、人生において当たり前のようにこなしていることであり、人は知らず知らずのうちにコンフォートゾーンを抜け出してラーニングゾーンに入っているのです。

子育てでもビジネスにおいても、これが“楽しく”出来ると良いですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする